人気回復中の洗顔石鹸。使ってみようと思ったら読んでください

洗顔料にはどんなものがあるか?

洗顔料にはいくつかの種類があり、使いやすさや洗いあがりの感じ、などで皆さん選んでいるようですね。いくつか紹介しましょう。
<石鹸>昔からある、一番シンプルなタイプです。洗いあがりがさっぱりとつるつるするのが特徴です。手で泡立てて使いますが、最近は専用の泡立てネットなどもあります。
<洗顔フォーム>
チューブに入っていることが多く、私は昔、ビオレの洗顔フォームを使っていました。洗いあがりは、さっぱりやしっとりなど様々あり、肌質に合わせて選ぶことができます。
<洗顔ジェル>
ゼリー状の洗顔料で、メイク残りや皮脂の汚れをジェルが包み込んで落とします。洗いあがりのつっぱり感が少ないタイプですが、商品によっては洗浄力が弱いことがあります。
<泡タイプ>
ポンプを押すと泡が出るタイプで、汚れ落ちもよく、さっぱりとした洗い上がりです。手で泡立てる必要がなく便利ですが、洗浄力の強いものから弱いものまで様々ですので、使用してみないとわからないことがあります。
<パウダー洗顔料>
パウダー状の洗顔料で、パウダーを適量の水に湿らせ泡立ててから使います。肌表面をなめらかにし、やわらかな肌に洗い上げるのが特徴です。 パウダーの扱いが面倒なときがあります。
以上のように、洗顔料といってもタイプは様々で、人によって好みがはっきりしています。試しに周りの人にどれを使っているのか聞いてみてください。バラバラだと思いますよ。